2019-01-11

二子小学校 開校40周年記念のシンボルマーク その2

先日のブログの続きとなりますが、まずは生徒一人一人が「二子小学校のマーク」をつくるというワークショップ(WS)を開催することに。せっかくなので6月の授業参観日に合わせて行いました。この日だとご家族もマークのデザインに参加でき、より一層、心に残る楽しい思い出になりそうですからね。

で、マークを作る前段階として、まずは何をおいても「マーク」や「デザイン」ってどんなことなのかを、わかってもらわなければいけません。そこであをぐみは、それを端的に理解してもらうための”紙芝居”を用意。これからはじまるWSで何をするかなども、この紙芝居を利用して簡単に理解してもらうことにしました。

この紙芝居の上演を含め、WSの進行はすべて実行委員のみなさん(要するに生徒の父母)が行い、あをぐみはサポートにまわりました。生徒たちにとって「○○ちゃんのお母さんが紙芝居をやってくれる」ということも面白かったみたいで、なかなかのウケ具合(ほっ・・)。せっかくの楽しい機会だからこそ、「あをぐみがデザインを教える」ことにしてしまっては、つまらないですからねー。「二子小学校のみんながデザインを楽しむ」よう、黒子に徹してみたり、各学年ごとに記入シートを用意して生徒のアイデアを引き出しやすくするなど、さまざまな工夫を取り入れました。

そんなこんなで最初のWSは無事終わりましたが、5、6年生だけはもう一度同様のWSを行ってマークを完成させ、最終的には、転出・転入の生徒もふくめ全生徒「284(+1)」の個性的なマークが揃いました。

ここまでの準備期間は脳みそフル回転……あをぐみふたりの頭からは煙が出ていたかもしれませんが、とにかく無事終わってほっと一息。こどもたちにとって、マークをデザインすることはなかなか難しい経験だったかも。が、ちょっとヒントをあげたり背中を押してあげると、とんでもないところまで想像力を飛ばすのが、見ているこちらにとっても爽快かつ驚きの体験でした。

生徒たちのワークショップはここで終了ですが、我々あをぐみは、むしろここからが勝負! みんなのデザインをまとめ、ひとつのシンボルマークを作りあげなければいけません。

その続きはまた後日。(äwö)

2019-01-05

二子小学校 開校40周年記念のシンボルマーク その1

あけましておめでとうございます。
2019年もあをぐみをどうぞよろしくお願いします。

さて、年が明けたことだし、ここで去る2018年を振り返ってみたいと思います。
まずは昨年携わったなかで一番大きかった仕事を紹介したいのですが、ボリュームがボリュームだけに長〜〜〜くなります。ゆるりとお付き合いください。

それは松本市内にある二子小学校の、開校40周年記念事業のお手伝いでした。

デザイン事務所であるあをぐみに声をかけていただいたからには、生徒たちが「デザイン」に向き合える場をつくりたい。そこで、テーマを「記念マークをデザインしよう!」に設定。大小さまざまに企画されている記念事業のなかでも、いわゆるメインディッシュとなる大イベントとして、「全校生徒に40周年記念のマークをデザインしてもらい、それをまとめて大きなシンボルマークをつくる」ということを考えました。

具体的にどんなふうにマークを作るのかについては、実行委員のみなさんとヒアリングや打ち合わせを重ねつつ、プランを組み立てていきました。何しろ1年生と6年生とでは、できることにかなりの差がありますから、2学年ごとに内容を分けることに。この、ワークショップのフローを作るという第一段階には、知恵と時間をかけてじっくり取り組みました。

とはいえ要は我々にとってこの仕事は、「二子小学校のみんなに記念イヤーを楽しんでもらいつつ、あをぐみも一緒にのっかって楽しむ」ということ(笑)。長いこと仕事してるとこんな素敵な依頼もあるのですねえ。ご一報をいただいてから、我々もワクワクしっぱなしでした。

ワークショップの具体的な内容は、次回に続きます。(äwö)